狂犬病予防注射Q&A

狂犬病予防接種に関してよくあるご質問をまとめました。

ワンちゃんだけではなく、ご家族にとっても重要な予防接種です。

気になることがありましたら、ご相談ください。

Q1.狂犬病予防接種は必要ですか?

A.必要です。

・法律で定められています。

(1) 現在居住している市区町村へ飼い犬の登録を行うこと
(2) 飼い犬に年に1回、狂犬病の予防注射を受けさせること

(3) 鑑札と注射済票を飼い犬に装着させること

※これらの法律を違反した場合、オーナー様に20万円以下の罰金が課せられる場合があります。

厚生労働省による狂犬病の発生状況

Q2.毎年予防接種を行っていても届け出は必要ですか?

A.必要です。

狂犬病予防法で定められているオーナー様の義務として「市町村に届け出ること」、「鑑札と済票を装着すること」があります。
注射をするだけで、届け出がない場合は法律違反となりオーナー様に20万円以下の罰金が課せられる場合があります。

Q3.予防接種を受ける時期は決まっていますか?

A.1年間に1回接種すればよいです。

厚生労働省では4月から6月を狂犬病予防注射期間としていますが、「年1回の接種が義務」とされているため、1年のうちどの季節に接種しても大丈夫です。
4~6月以外の時期に予防接種が受けられない事や、予防接種済票の交付が受けられないという事はありません。

peterrace ペテラス ゼノアック アニコム損保 対応病院