去勢・避妊手術について

去勢・避妊手術とは

去勢・避妊手術とは、オスは精巣を、メスは卵巣・子宮を取り除く不妊手術です。もともとは望まれない妊娠によるワンちゃん、ネコちゃんを増やさないために行われてきました。しかし、最近では生殖器に関わる病気の予防や、発情期における問題行動の抑制など、ワンちゃん、ネコちゃんの生活の質(QOL)の向上を目的として手術を希望する飼い主様が増えてきています。

より安全な手術のために

 

  • 当院では健康状態を把握するために必ず手術前の検査(胸部レントゲン、血液検査)を行っています。
  • 手術当日は安静をとるためにも、1泊していただきます。
  • 手術中は心臓の動き、呼吸状態、血圧、脈拍、血中酸素濃度、体温をモニタリングしています。
  • 全身麻酔をかけると、一時的に体力、免疫力の低下が起こります。そのため混合ワクチンを1年以内に接種されていない場合は、手術2週間前までに予防(ワクチン)接種することをお勧めしています。

去勢・避妊手術を行うメリット

以下の病気の発症リスクを下げることがわかっています。

~オスの場合~
精巣腫瘍
前立腺肥大
会陰ヘルニア
肛門周囲線腫..等

~メスの場合~
乳腺腫瘍
子宮蓄膿症
子宮内膜症..等

発情のストレスからの開放

手術を行う時期

飼育環境や動物種によって適する時期が異なります。
生後半年頃に一度ご相談ください。

考え方は様々です

去勢・避妊手術は絶対にしなくてはいけないものではなく、考え方も人それぞれです。手術に対する不安や疑問、メリットやデメリットなど気になることがありましたら何でも聞いて下さい。ご家族にとって最良の選択ができるようにサポートさせていただきます。

去勢・避妊手術は絶対しなくてはいけないものではなく、考え方も人それぞれです。同じ発情期でもワンちゃんとネコちゃんではその行動が若干異なることや、飼育数、飼っている場所・目的によっても手術に対する意見は分かれます。
避妊もしくは去勢の手術をする時には全身麻酔を行った上で手術を行います。ですから手術を行えばワンちゃんネコちゃんの体には何らかの負担がかかることは否めません。場合によっては出血や薬の副作用が起こったり、入院のストレスを受けたり、手術後に傷を気にして舐めているうちに傷口が開いてしまうなどのアクシデントも起こらないとは限りません。これらは術前や術後に十分な注意を払っておけば最小限に防ぐことはできますが、それでも不安になる方、また経済的に難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。また、できるだけ自然体のままでいさせてあげたい、一度は子どもを産ませてあげたいというオーナー様もいるでしょう。

オーナー様同様、獣医師の意見も様々で、その是非や推奨時期などがそれぞれの先生で異なりますので、多くの人の意見を参考にして、長い目で見た時にどうすることがワンちゃんネコちゃんにとって最も幸せなのかをよく考えて、最終的な決断を下してほしいと思います。

peterrace ペテラス ゼノアック アニコム損保 対応病院